アウラニのアンティーズ・ビーチハウス体験記|予約の手順など細かくリポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

IMG_7729

アウラニのアンティーズビーチハウスは子供たち専用に作られたキッズクラブ。言ってしまえば、託児所みたいなものなんですが、ハワイの文化、芸術、音楽と普通の託児所にはない経験がここではできます。

ただ会話はすべて英語、まったくしゃべれないお子さんにはかなりハードルが高く感じてしまうかもしれませんね。でも大丈夫。常駐ではないですが、日本語が話せるキャストさんもいますし、不在だったとしても、英語力0の娘ちゃんだって一日中楽しんでまた来たいと言ってたぐらいですから。

そこで今回はこのアンティーズビーチハウスについて、登録方法やアクティビティを紹介します。
ちなみに親である私も英語力ほぼ0、予約とかかなり不安でしたが、そんな私でも出来たのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

アンティーズ・ビーチハウスではどんなことをするの?

IMG_7856

まず始めにアンティーズ・ビーチハウスについて簡単に説明。キッズクラブといっても利用するには年齢制限があり、ここに入れるのは3歳~12歳までのお子さん。但し、小さいお子さんはオムツが取れて自分でトイレに行けることが条件です。

施設内にはキャストさんが常駐していて以下の遊びが用意されています。

・子供たちが夢中になるプログラムやアクティビティ(無料)
・ストーリーテリングや、お土産のプレゼントなども含まれる、より充実したインタラクティブなプレミアム体験(有料)
・ディズニーの人気映画を鑑賞するムービールーム
・Wii? と Sony PlayStationR のゲーム機
・インタラクティブ・ゲーム用テーブル
・ハワイのアートとクラフト
・お子様がドレスアップして楽しむためのコスチューム・クローゼット
・フェンスで囲まれた安全な庭と遊具

アウラニホームページより

この他にサプライズでディズニーキャラたちが遊びにきて、一緒にダンスをしたり、触れあったりできるみたい。みたいとい言う理由は、大人が中に入れるのは9:30まで行われているオープンハウスだけで、そのあとは子供以外入れないため、誰が来てるのかわからないんですね。

そこで娘ちゃんに誰が来たのか聞いてみるとミニー、グーフィー、ドナルド、チップとデールと遊んだと言ってました。

ちなみにアンティーというのは、ハワイ語でおばさんという意味。親しみを込めてこう呼ぶようです。アウラニでは、ところどころでアンティーが登場するので最初は誰かの名前かと思ったんですが、調べてみて納得。どおりでおばちゃんがよく出てくるわけだ。

アンティーズビーチハウスの登録方法

antystouroku01

登録方法はサイトにある申込みフォームを使った事前登録と、現地で申込み用紙に記入する方法の2種類。サイトの方が日本語で説明されてますし記入も簡単なんでおすすめ。

当然英語がわからない私たちは親切な日本語表記になっているネットの事前登録を利用。登録情報も印刷して準備万端と思っていたんですが、受付に行ったらちょっとややこしいことに。

フロントでチェックインの時、日本人スタッフが対応してくれたのでアンティーズビーチハウスの登録方法を確認したら、現地でも登録用紙に記入してくださいとのこと。

現地では英語と日本語の登録用紙が用意されているので記入するのは問題なかったんですが、今度はアンティーズの受付に並んでいると英語版の用紙を渡されこっちにも記入するようにとのこと。記入済みの用紙を見せてもダメでした。どっちなんじゃいと思いながら、しょうがないので2回目の記入。

結局、事前登録、日本語版、英語版と3種類すべて揃ってしまい大丈夫なのかという不安を持ちつつ受付へ。どれを渡すか迷ったけど面倒なんで全部渡したら「あら、多いわね」って感じで受付の人が苦笑。記入する内容はどれも同じだったので、絶対どれか1つでよかったと思うんですけどね。まぁ、しょうがないです。

アンティーズの登録時に注意すること

IMG_7900

アンティーズに登録する時は以下のことに注意しましょう。

お迎えに行く人の名前を登録すること

お迎えは登録用紙に記入されている方しかできません。それに本人でも登録時に設定したパスワードを伝えないと引き取れません。セキュリティが徹底されてますので、迎えに行く方が複数人いる場合は登録を忘れないようにしましょう。

携帯がない場合はレンタルを忘れずに

海外で使える携帯がない場合はレンタル無料。緊急時以外は掛かってくることがありません。

登録が完了すると専用のケイキバンドを付けて入場ができるようになります。一度登録してしまえば、あとは何度でも入退場可能。ケイキバンドは12.95ドル(税抜)を請求されますが、返すと返金され、そのままお土産としても持ち帰ることができます。

IMG_8087

登録する際にプログラムの予約を一緒にすることも可能です。

アンティーズ・ビーチハウスのプログラムを予約するためには

アンティーズ・ビーチハウスは預けるだけでもいろいろな遊びができるんですが、他にも日替わりで無料の特別プログラムがいろいろ用意されています。どんなプログラムがあるか詳細はアウラニのホームページで確認してみてくださいね。

但し、この無料プログラムは人気が高く、朝一の予約が必須。ここでは、私の体験を元に何時ぐらいに並べばいいのか、どんな流れだったのか説明します。

「the daily ‘IWA」のチェックは忘れずに

IMG_8047

予約方法を説明する前に、毎日発行される「the daily ‘IWA」についてちょっと説明しますね。これはその日のアウラニ全体のイベントやアクティビティをチェックすることができる予定表。アンティーズビーチハウスのプログラムもこれで確認できます。但し表記はすべて英語。それでも、どのプログラムが何時から始まるかぐらいはわかります。

IMG_8049

アンティーズビーチハウスの予定は「KEIKI」と書いてある部分、これはハワイ語で子供という意味。ちなみに「OHANA」は家族という意味なので家族向けということです。

毎日夕方頃になると翌日の分がフロントで手に入るので、次の日の計画も立てやすい。夜には部屋にも届くと言われてましたが、たぶん来てなかったと思う。待つより取りに行った方が早いかもしれません。

初日は余裕をかましていたら失敗

cigar-362183_640

スポンサードリンク

初日は人気のプログラムが出来ないとしても、なにかしら出来るでしょと思って9時ぐらいに登録に行ったんですが人気の「スティッチズ・スペース・グー」はもちろん、人気のなさそうな「ケイキ・フラ」まですべてのプログラムがすでに予約いっぱい。しょうがないのでキャンセル待ちで予約することにしました。ちなみにスティッチのキャンセル待ちは18番目、ケイキ・フラは9番目でした。

また、親も一緒に入れるオープンハウスも9:30までだったので、すでに入場は終了。ここは完全にリサーチ不足、しょうがないので今日のプログラムは諦め、明日に期待。でも、ほぼ諦めていたプログラムですが、「ケイキ・フラ」だけは参加することができましたよ。

その後、アンティーズビーチハウスの予約について、口コミやみなさんのブログを見ると7:30前には並んでいる必要があるらしいとわかり、明日は余裕をもって7:00頃に行こうとなったんですが、ママと娘からは「任せた」と一言。

「起きれないから一人で行ってきて」って、いやー1人ってめっちゃ不安なんですけど...

人気のプログラムの予約は7:00にに並ぶべし

初日の失敗もあり2日目は気合を入れて5:30起き、散歩やらプールの椅子確保なんかで時間を潰し6:30から並んでやりました。1番かなぁ~なんて思ったんですが、すでに3組ほど先客。私もそうですが、あんたたちも頑張るね~

しかし外人っていうのは、よくしゃべりますね。前に並んでた3組は初対面らしいんですが、ほぼずーっとしゃべってましたね。私の後から来た人たちも隣同士でみんな会話していて、いつしゃべり掛けられるかドキドキでした。

まぁ、完全にスマホに集中してるフリをして話かけるなオーラをかなり出してやりましたけど。
ってゆーか、アウラニには2・3割ぐらい日本人がいるのに、この予約の列では外人ばかりでかなり心細い。

7:00には10組ぐらい集まっていて、その後はどんどん増えていき、7:30を過ぎた頃には30組以上になってました。プログラムは思ってた以上に人気があるので、目当てのプログラムがある場合は7:00頃から並び始めるのがいいかもしれません。

朝一プログラム予約の流れ

7:40分ぐらいになると、キャストさんが出てきて「the daily ‘IWA」が配られる→プログラム内容や予約方法、注意事項の説明(多分)→「the daily ‘IWA」の参加したいプログラムに印をつける(ペンが配られる)→印を付けたプログラムのチケットが貰えるので名前などを記入→チケットを渡し終了

プログラムの予約は先着順なのでいくつ選んでもOK。前の人を見ていると何だかいろいろしゃべったりしてるので、自分の番になるまでドキドキでしたが「こいつ英語できないな」と思われたせいか、プログラムの印を見せるだけで特に質問もなくチケットが貰えました。

アンティーズにまだ登録していない場合は、この後オープンしたら受付で登録手続きをしますが、すでに登録してある場合はこの時点で終了。お昼と夕食(有料)のプログラムを選択した場合も、受付での手続きが必要。ルームキーの提示とアレルギーがないかなどの質問があります。

オープンハウスでサプライズゲストが登場!

IMG_7833

朝一の予約が終わり8:00になるとアンティーズビーチハウスは9:30まで親も中を見学することができます。逆にこの時間帯は、親が同伴となるため子供だけ預けることはできないので注意。

撮影スペースにはディズニーキャラの衣装、カメラマンがスタンバっていて写真が取り放題。フォトパスを渡せばあとで部屋のテレビで見ることができます。無い場合は、言えばその場で用意してくれます。

IMG_7822

タッチパネル式で魚を釣るアーケードゲーム

IMG_7851

塗り絵コーナー

IMG_7853

IMG_7852

外にはアスレチックやフラフープなど遊具が置いてありました。

IMG_7897

他にも工作ルームやテレビゲームコーナー、パソコンコーナーなどがあったみたいですが、娘ちゃんのディズニーコスプレに付き合わされてしまいうっかり見るのを忘れてしまいました。

後半になるとサプライズゲストが!?

IMG_7861

8:30になると「DISNEY JUNIOR ALOHA!」というプログラムがスタート。キャストのお兄さんが登場して「みんなでダンスをしよう!」って盛り上げ始めます。するとチップとデールがサプライズで登場!子供たちだけでなく親たちも一気にヒートアップしてみんなでダンス。

最後は子供たちを檀上に集めて記念撮影をしてました。登場するキャラクターは日替わりみたいでスティッチの場合もあるみたいですね。

IMG_7888

まとめ

IMG_8042

娘は5歳、英語なんて「Hello」や「Thank you」に自分の名前が言えるぐらい。それでも、迎えに行くと「もう来たの」って言われてしまうほどこのアンティーズビーチハウスにがお気に入りになってました。

おかげでその間は久々に夫婦水入らずのバカンスを楽しめたわけですが、娘は楽しすぎて疲れも忘れるぐらい遊んでいたせいか、翌日はとんでもないことになってしまい病院に行こうかぐらいの騒ぎで大変でした。

子供はまだ自分でセーブできないので、そこら辺は親がしっかり管理してあげなくてはいけなかったなぁと反省。

プログラムに参加していない時は保育園のお友達にヘアバンドやレイのお土産を作ってたり、好きな男の子ができたみたい。プールでも一緒に遊んでたほど仲良くなってましたが、その子は英語しかしゃべれなかったようで娘ちゃんも話せるようになりたい言ってたので、いい刺激にもなったと思います。

お子さんの性格にもよりますが、日常ではできない経験ができるので宿泊するならぜひ体験させてみてあげてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です